ファイナルファンタジー12日記 前に進まず

2006年03月28日
モブばっかり狩ってると、えらいレベルがあがった気がする。
寄り道万歳。


サブイベントもっさりなので、意外とすこしづつ長く楽しめるのかも。

どうぶつの森がややほったらかしですが…。
posted by MRB at 00:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | FF

FF12レビュー FF12の戦闘ってそんなに意外?

2006年03月21日
FFは9以来まったくやってなかった。
が、妹がFF7をやり直しているのを見て、ついFFがやりたくなり、FF12を買った。

ちなみに、MRBのFF歴は、
FF4・FF7・FF8・FF9
とやや中途半端。


で、そんな人間が判断するFF12。


ストーリーはFFっぽいな、と思う。
よく敵側に捕らえられて、脱出するとことか。

どっかでみたことある話?
そりゃ、全く新しいアイデアに基づいたストーリーというのは、もはや難しいでしょ。



戦闘は、、、いろいろ言われているようだが、
意外…なのか?

一言で言えば、画面が超きれい+仲間に細かく命令できる聖剣だと思うんだが。
画面が切り替わらないとことか、ゲージたまらないと攻撃できないところとか。


トータルでのバランスもよく考えられてるし、良作だと思いまっせ。



FFっぽくない、FFではない、って人がいるようだが、
逆に「FFっぽさって何?」と聞きたい。

FFで共通しているものなんて、モーグリとチョコボくらいじゃないの?


後、常に取り込まれる新しいシステムとね。



新システムが自分に合わないから、ダメ。
ではなくて、
新システムに自分がついていけてない、と思うべきでしょう。FF好きなら。




蛇足。
スマステで言ってたちょっといい話、


クロサワ作品が好きでたまらないが、どうしても分からない・理解に苦しむ作品があった。

でも、他の作品は好きだし、素晴らしいと思う。


ならば。


その分からない作品が駄作なのではなく、
自分の頭がクロサワの思いについていけてないだけである。


作り手側が新しく、「こんなんどうですか〜」という作品を投げかけてきたときは、ファンはそれを受け止める必要がある。

今分からないことが悪いことではない。
将来、いつかきっと分かるときが来るのを楽しみにできる。

これがファンだろう、と。

この信頼関係が重要だろう、と。
posted by MRB at 04:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | FF

FFメモ 計算尺って使える?

2006年03月20日
使えるのか、使いやすいのか。
どうなんだろうか…。
posted by MRB at 22:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | FF

FF攻略メモ 風読みのコンパス

ダルマスカ西のバンガ族から始まる?イベント。

風読みのコンパスの片割れは、
西ダルマスカ砂漠の西の行き止まりにある、ハオウサボテンの下。

『風紋の地』の離れ小島。
ハオウサボテンは2つあるので注意!!
posted by MRB at 16:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | FF

FF12メモ モーグリに言われるウルタンエンサ族の頼みごと

2006年03月19日
入り口でモーグリに言われるウルタンエンサ族の頼みごとは、途中の亀を倒すこと。
倒した後、再びモーグリのところまで戻ると、後の鳥のボス (ガルーダ)を弱らせる重要アイテムがもらえる。

というか、鳥のボス (ガルーダ)はこれ使わんと倒せないでしょ。
おそらく。


ファイナルファンタジー12 (FF12)攻略メモ
posted by MRB at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF