伊勢・鳥羽へ

というわけで、卒業旅行として伊勢・鳥羽観光。伊勢神宮と鳥羽水族館をメインとして見て回った。

特に2日目の鳥羽水族館。ものすごい楽しんだ。「え、俺、こんなに楽しんでいいの?」というくらい。他♂のメンバーは前日(当日)朝5時過ぎまで続いた麻雀とブラックジャックでヘロヘロだった中、1人だけテンション高めで、ややウザいくらいだったような気がする。

で、その内容。


アシカショー時間ではお兄さんがややブラックだった。

ショーの最後にアシカの「オット君(だったはず)」へ客席から輪投げをすると、オット君がキスをしてくれるというイベントがある。しかし、輪を投げた小さな男の子が怖がり、なかなかキスできない。そこでお兄さんが放った一言。

さっさとキスしてしまいなっ!

(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル オニイサン、マイク入ッテマスヨ


クラゲを展示しているブースがあった。照明が落とされており、きらきらとクラゲが光っている。シンプルなだけに美しい。それを見て、ゼミの女の子が放った一言。

パチンコ屋みたいやね

(-_-)<いやぁ、それはちょっと…。


とまあ、いろいろイベントがあったわけで。きれいな熱帯魚を見てはテンションがあがり、ヒトデ50種特別展示を見てテンションがあがり、白く滑らかな肌のスナメリを見てテンションがあがり、「ニャー」と鳴くカエルを見てテンションがあがり、鳥羽水族館の目玉であるジュゴンを見てテンションがあがり……。


てな感じでテンションは常に上がりつづけたわけだが、やはり哺乳類の水中動物を見るのが面白い。先述のスナメリ・ジュゴンや、イルカなどもあるが、個人的に気に入ったのがアフリカマナティー。

はじめ、マナティーの水槽を見てもそれらしい生物は居なかった。説明を見れば、「5?10分に一度、呼吸をするために水上に出る以外は底に沈んでいます」

「なるほど。なんてうらやましい堕落した生活をしているんだ。…拝んでおこう」と思って底を見ると、巨大な肉塊。「………え? デカっ」というわけで、体長3〜4m、体重450〜900kg。みもふたも無い言い方をすれば、めっちゃデカくて白いアザラシ。

ぼけぇ?と様子を眺めていると、もっそり浮き上がった。で、10秒ほど水上に顔を出したら、あとは重力に従い"のへ?"と沈んでいく。

正直、これだけ。

だが、なんともいえない味のある表情と巨体に加え、この動きを見たら、ジュゴンより惹かれるものがある。超オススメ。

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 02月15日
Month 2005年02月
Category お出かけブログ
Tag 水族館 麻雀 三重 2005年 

"伊勢・鳥羽へ" のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44116963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック