餅つきと「おめでとう!」ブログ乱立

昨日は祖母の家で餅つき。俺が生まれる何十年も前はそれこそ"うす"と"きね"でやっていたそうだが、さすがにそれは非効率かつ、労力もかかる(年寄りにはキツイ)ということで、もちコネコネ・マシーンが導入されている。

ただ、もち米を炊くのはかまど。日本昔ばなしに出てくるようなかまどとは一味違う。とは言うものの、そのかまどを想像してもらえば十分。薪をくべて火をおこし、もち米を炊くのである。

…もしかしたら、「"くべる"って何よ?」と言う人もいるのだろうか? 聞いた話だが、プッシュ式では無いダイヤル式電話(いわゆる黒電話)から電話をかける方法がわからない人がいるそうだ。チャンネルを回すもわからない人が多数を占めるのだろうか? まだ20代だが、年をとったと感じてしまうのは何故だろう。


閑話休題。そうやってコネコネ・マシーンでこねた餅を、適当な大きさにちぎって手で丸める。当たり前だが、めちゃくちゃ熱い。しかし、冷めてくると餅にしわができるので熱いのは仕方が無い。丸めた餅は木製の箱に入れる、あるいはそのまま胃の中に入れる。出来立ての餅は旨い。絶品である。


そうやって餅つきをすると、「今年も終わり」と思う。来年もこうやって平穏無事にブログを更新できていればそれで十分かな、と。

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 12月31日
Month 2004年12月
Category チラシの裏
Tag 実家 餅つき 2004年 

"餅つきと「おめでとう!」ブログ.." のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44116946
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック