水に流せぬ思い出は、コチラへ

諸事情があって、昨日たらふく飲んだにもかかわらず、朝7時起きでした。眠い、そして、気持ち悪い。体調も機嫌も最悪。それでもなんとか予定はこなしました。



で、ふと見つけたのが写真の小箱。本人(?)いわく、思い出の小箱とのこと。

そう、長い人生を見れば、水に流せぬ思い出は数多くあります。むしろ、水に流せる思い出なんてありません。いい思い出でも、仮に悪い思い出であっても、その人の人生を形作る「思い出」には違いないのだから。

しかし、たとえそうであったとしても、水に流してしまいたい様々な思い出、親友との喧嘩、恋人との別れなどがあるはずです。そんなロマンチック青春物語みたいな思い出でなくとも、顔から火が出るような恥ずかしい思い出、ありませんか?

そのページの日記だけは糊付けしてしまいたいような思い出をお持ちのあなた、是非この小箱の中へその思い出をそっと置いてください。寛大にも、この小箱は水に流せぬような思い出でも汲み取ってくれるのです。

そうすれば、必ずやあなたは明日から新しい人生を歩めるでしょう。


ちなみに、この小箱は京都にあります。もっと具体的には、京都会館です。

探すのもひとつの楽しみですが、そんな暇が無い方のために、お答えします。この思い出の小箱は、京都会館西のトイレ、手洗い場の下に設置されています。

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 05月30日
Month 2004年05月
Category お出かけブログ
Tag 京都 2004年 

"水に流せぬ思い出は、コチラへ" のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44116890
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック