北海道ニセコにスノーボード旅行に行ってきたよ(準備編)

北海道 ニセコ にスノーボード旅行してきた。
前回行ったのが、記憶では10年前だったが、このブログの記録で12年前だった。やっぱ記憶ではなくて、記録に残しておくことが大切だ、と再認識した。

前回はどのように荷造りしたのかはよく覚えていないが、今回は以下の作戦とした。
@道具一式(板(158センチ)、ブーツ、ウェア、ゴーグル、手袋ほか小物。そして着替え)は、スノータウンで3000円弱で買ったスノーボードケースに入れて、現地へクロネコヤマトのスキー宅急便(往復)で郵送
IMG_6074.jpg
Aその他、必要最低限を手荷物として持っていく。例えば、寒かったとき用のインナーダウン、モバイルバッテリーなど
B帰宅時は、@にすべて詰め込む。そのため、圧縮袋を4枚持っていった

配送時、@の重量は10キロちょっと。オールインワンタイプなので、「2本組とオールインワン型(ウェアやブーツ等が一緒に入ったスキー・スノーボードケース)は、160サイズ料金を適用(最大重量は25kg)」なので、まだまだ余裕がある。
クロネコヤマトでの送り方は簡単で、インターネットから申し込むだけで良い。こうすれば、「現地に送り届けました」メールが届くので、届いたかどうか現地に到着するまで心配、ということも無くて心理的にもよかった。

なお、宿に送るときは、届き先の住所などに、宿に予約した人の名前を書いておくことを推奨。
今回は筆者ではない別の友人が代表して宿をとったので、その人の名前をかっこ付きで書いておいた(山田太郎(宿泊予約;佐々木)、みたいな感じ)。


結果的に、帰ってくる際には、Bによって、持って帰る服類はすべてスノボードケースに詰めることができ、手荷物がほぼ無い状態にできた。圧縮袋は大正解。
現地着いて即、日持ちする自分用のお土産を事前に空港などで買ってスノボケースに詰めておけば、さらに持ち物を減らすことができるなあ、と思った。


オールインワンのスノーボードケースの他、買ったのは以下の通り。
トータルで1万2000円ほどと思う。
ユニクロのヒートテック(リプレース) … 果たしてこれは何年前?というヒートテックを使っていたが、買い直して正解。暖かさと肌触りが明らかに違う。着る頻度にもよると思うが、2年くらいで買い直しするのがよいのかな、と思った
機内持ち込み用のリュック
手袋とインナーグローブ


事前の準備はこんな感じ。
あとは、インフルエンザなどに罹らないよう、健康に十分注意することくらいかな。

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 02月13日
Month 2019年02月
Category お出かけブログ
Tag スノーボード 2019年 

"北海道ニセコにスノーボード旅行.." のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185616898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック