iPhone X の背面カメラのでっぱりを無くす方法はあるのか

2017-11-14-01.png
iPhone X を買ったが、背面のカメラが飛び出しているのがどう考えても気になる。デザインは維持したまま、ツライチ(面一)がいい。
ということで、ケースや背面ガラス保護シート等で、iPhone X のデザインを維持したままなんとかできないか調べてみた。
(※ツイッターでつぶやいた内容をまとめたもの。)

まず、クリアケースを調べた。ヨドバシカメラにも行って実物も見た。
結論としては、クリアケースは却下

クリアケースは「クリアケースつけてます!」感がありありと出ていて、安っぽい。ハードでも、ソフトでも同じ。ちょっとダサい。これは無い……かな。
そういえば、電車とか町中でクリアケースの人はほぼ見たことが無い(手帳タイプが多い印象)のも、安っぽいのが理由かもしれない。

また、そもそもの話だが、クリアケースは薄さアピールしているものが大半で、目的である「カメラ部分が飛び出さずツライチ」にならない


その他、ヨドバシカメラで色々とケースを見たけれども、「コレだ!!」というものは無し。

で、家に帰って色々と調べていてふと思いついたのが、背面ガラスなり保護シートを2枚ほど貼ってカメラとツラを合わせられないか、ということ。

となると、どれだけカメラが出っ張っているのかを知る必要がある。
が、公式サイトには厚さ7.7mmとあるが肝心のカメラの出っ張り部分の高さ(厚さ? 薄さ?)の情報が無い。

他の iPhone X 情報を扱っているサイトでも、「厚さ7.7mm」はあるのだが、カメラ部分には触れられていない。
というか、カメラ部分含めて7.7mmなのか、カメラ部分含めず7.7mmなのかも分からない。

困った困ったこまどり姉妹だったが、ASCIIできちっと調べてくれていた。1.6mmらしい。
カタログスペックではわからないiPhone X進化のポイントhttp://ascii.jp/elem/000/001/581/1581802/index-2.html
カメラを含めない厚みが7.8mm(カタログスペックは7.7mm)。カメラ部分を含めた厚みが9.3mm。出っ張りは差し引いた1.6mmとなる


これでカメラ部分の高さが分かったのだが、1.6mm、けっこう飛び出てる
1円玉の厚さが約1.5mmだから、それよりも飛び出てるんやね。……よくAppleはこのデザイン通したなぁ。

それはさておき、1.6mmをカバーする目に必要な背面ガラス保護シートは、ガラス保護シートはだいたいのが1枚0.3mmらしいので、5枚は居るのか……。
1枚1000円としても5000円は辛い。そもそもそんなビッグマックみたいに積み上げるのはどうかという気がしてならない。


で、調べまくって夜も3時になったので、一旦の結論として、ツライチになる安い普通のケースを買って様子見ることにした。
前面が飛び出しているのがすごく気に入らないのだが、とりあえずのつなぎ用としていったんこれで。
2017-11-14-01.png
ELTD iPhone x ケース iPhone X カバー iPhone X 全面保護 衝撃防止 軽量簡約スタイル 携帯カバー(ブラック)

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 11月14日
Month 2017年11月
Category パソコン・タブレット・スマホ関連
Tag 2017年 

"iPhone X の背面カメラ.." のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181568608
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック