ドラクエ11の謎・ストーリー考察 過ぎ去りし時を求めて(2)

ドラクエ11で、シナリオ上の疑問は色々あるだろうけれども、特にポイントとなると思われる「時のオーブを壊したとき、その世界はどうなるか」について、以下に考察する……という第1回目の続き。
がっつりネタバレのため、観覧にはご注意下さい。

ちなみに、ドラクエ11内では謎の答えが全て明確になってはいない(おそらく、あえてしていない)ので、各個人で「こうだろう」という結論は出ると思うけれども、絶対コレで確定、というものは無いと思っています。

※まだ纏まっていません。

念のため、謎の定義を復習する。
詳しくは、前回の記事を参照ください。

本記事で主として考察する「ドラクエ11の謎」の定義



主人公(勇者)とセニカは、時のオーブを壊すことで時空を越えるが、その結果として3つの世界が存在しえる。
  • @ベロニカが居ない世界

  • A主人公(勇者)が過ぎ去りし時を求めた世界

  • Bセニカが過ぎ去りし時を求めた世界


いずれの組み合わせパターンにせよ、以下の組み合わせとなる。
  1. @とAがパラレルに存在するか、否か。

  2. AとBがパラレルに存在するか、否か。

  3. 上記がいずれも否(すなわちドラクエ11の物語の結果は一つに収束する。時間軸から考えるとAの世界に収束する)。


前回はAについて考察し、結論としては、@とAは1つの世界で、主人公が過ぎ去りし時を求めた後は@の世界は消滅する(過去に戻る)、と考えた。
今回は、一見簡単そうに見えるけれども実は複雑な「AとBの世界がパラレル化、否か」について考察する。

また、同時に以下の謎についても考察を行う。
  • 時のオーブを壊した過去に行った人の、その過去の自分自身はどうなるのか。過去の自分と未来の自分の二人が存在する(脱走後にイシの村に戻ったときのような状態、あるいはドラクエ5の状態)なのか、過去の自分自身は消えてしまうのか。

  • セーニャとベロニカは賢者セニカの生まれ変わりと言われれるが、セニカは時の番人となって死んではいない。どう解釈するべきか。なお、セーニャとベロニカは誰から産まれたかは明らかになっていない。

  • ドラクエ3の世界に続くのはどの世界か


なお、パラレルワールドが存在せず1つの世界になる、とすると、上記「@」は過去の自分は消え(主人公が過ぎ去りし時を求めた時と同じ)、「B」のどちらがドラクエ3に続く世界か、という考慮は不要になる。


B.AとBがパラレルに存在するか、否か



セニカが時のオーブを破壊し、Bの世界が発生した後、Aの世界がどうなるか、である。

B−1.パラレルに存在する



AとBの世界はパラレルに存在する。
理由は以下の通り。

以下の事実がある。
  1. エンディングでセニカが時のオーブを割った後も主人公たちに変化は無く、命の大樹に勇者のつるぎを返す様子も描かれる。一方で、セニカはローシュと再会した様子が描かれる


αより、
セニカが時のオーブを割った後は後日談があることからAの世界が残っているのは明白であり、また、時のオーブを割った後ローシュと再開したセニカには勇者のあざがあることから、ローシュの時代に始めからいた(変化のない状態の)セニカではなく、過ぎ去りし時を求めたセニカだと分かる。つまりAの世界が存続しつつBの世界が生まれたと言える。
また、全ての問題を解決した今いる世界が消えてしまうのであれば、セニカを過去に行かせるようなことを主人公はしないのではないだろうか。
なお、世界が一つとすると、タイムパラドックスが生じる可能性がある。例えばセニカと再会したローシュ達がニズゼルファを倒してしまっていると、イレブン君(勇者)は生まれないのでは。

その他、@ 〜 B の謎についてそれぞれ見解を述べる。

@について、
これは、主人公が過ぎ去りし時を求めた後の世界の聖地ラムダで色んな人から「いきなり消えた」と言われることから、その次代にいた過ぎ去りし時を求めた人物は消滅する(未来から来た人物で上書きされる)。これは時のオーブを壊して過去に戻った場合の仕様と考えられるので、過去に戻ったセニカも元のセニカと統合される。

【反論】
主人公が割ったのは最新の時のオーブであり、セニカが割ったのは古い時代の時のオーブである。同じ仕様とは言い切れない。
セニカはドラクエ5の主人公のように、2人それぞれ存在することになると考える。ドラクエ5のように、ローシュに再会(エンディング)はするものの、本来のセニカが居るのでローシュ達のもとを離れるのでは。またパパスの死が回避できなかったように、運命は改変できず、ローシュはニズゼルファを討伐できなかったのではないか。

【再反論】
そうなると、セニカが過ぎ去りし時を現在で求める度にセニカが増えることになる。現在から過ぎ去りし時を求めたセニカのみ消えるのか。さすがに無理がある。
また、これほど人助けを頑張る勇者が、セニカを過去に送れば2人存在することになり、ローシュは1人、セニカは2人という状態になることがわかっているのであれば、過去に戻さないのでは。


Aについて、
1つの命が巡るということであれば、ローシュの生まれ変わりが主人公であるように、セニカ1人に対し1人の賢者が生まれるのが相当と考えられるが、生まれ変わりはベロニカとセーニャの2人であり、数があっていない。このことから、生まれ変わり(輪廻)が厳密なルールに基づいているわけでは無いと判断できる。従って、セニカが時の番人となった時点で死んだと同等の扱いになり、ベロニカとセーニャに生まれ変わった、というように考えることができるのではないだろうか。

【反論】
@の反論の通り、セニカは2人存在することになったので、時の番人になったセニカと、生涯を終えたセニカが存在する。ベロニカとセーニャに生まれ変わったのはその後者の方である。


Bについて、
エンディングで、ドラクエ3の世界で主人公と7人の仲間が描かれていることを考えると、ニズゼルファを倒し真のロトの勇者となった主人公がいる世界、つまりAがドラクエ3に続いている
後、論理的では無いが、プレイヤーがほとんど何も関わっていないBの世界より、物語を紡いだAの世界がドラクエ3に続く方がふさわしいと思う。

【反論】
ドラクエ3の世界に続いているのは、セニカが過ぎ去りし時を求めた方である。エンディングで主人公たちの世界(の勇者のつるぎ)がドラクエ1の世界に続くような演出があるので、主人公たちの世界がドラクエ1に続き、ローシュの世界がドラクエ3に続く

【再反論】
ローシュの世界がドラクエ3に続くのは無理がある。エンディングでドラクエ3の勇者の母親がドラクエ11の本を読む演出があるが、それにはグレイグとベロニカ含めた8人が命の大樹に臨む様子が描かれている。ローシュの世界でその内容が書けるとしたら、11の主人公たちの活躍を知る過ぎ去りし時を求めたセニカしかありえない。
しかし、セニカは時の番人から戻った時に「あなたは・・・」と発言している。その時点で11の主人公たちの活躍を知っていたら、初めの発言が「あなたは・・・」にはならない。過去作を意識しているのであれば、ドラクエ3のルビスの「ああ、まるで夢のよう! よくぞ封印をといてくれました。 私は精霊ルビス。」のようになるのではないだろうか。
したがって、時の番人になっていたときは、セニカの時間は完全に止まっていると考えるのが相当であり、セニカとしては主人公たちの活躍の内容は認識していない。であるから、エンディングの本が書けるのは主人公達の誰か(あるいは、その誰かから話を聞いた人物)しかおらず、ドラクエ3の世界につながるのはセニカが過ぎ去りし時を求めた後の世界ではなく、主人公たちがニズゼルファを倒した世界である

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 09月26日
Month 2017年09月
Category ドラクエ
Tag ドラクエ 2017年 

"ドラクエ11の謎・ストーリー考.." のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181103895
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック