人工知能(AI)が発達しても人間の仕事はなくならない

英語の勉強も兼ねてNHKのスーパープレゼンテーション(字幕版)を定期的に見ているが、今日見た「Will automation take away all our jobs?(機械に仕事は奪われる?)」の回は凄くよかった。

David Autor のプレゼンテーションそのものも本当にすごく良くて、大変説得力があったので、是非いちど見てほしいと思うのだけれども、それと同じくらいまとめが良かった。
良すぎるのでそのまま引用。太字は筆者追記。

Sputniko!: これまで人間がやってきた暗記や計算を、これから人工知能がやるようになるとするなら、いまは「本当に知性のある人間とは、どんな人間か」を教育する側がしっかりと考えるいいチャンスと捉えるべきかもしれません。

Joi: 知識の集積のような機械にもできるようなことは、試験や成績ではかりやすいです。一方で、クリエイティビティーや熱意というのは、なかなかテストではかることができません。「人間をはかって出世させる」というこれまでのシステムを根本的に変えないと、クリエイティブな人間をつくることはできません。そこを変えていかなければいけないと思っています。


そうだよなあ。本当にそう思う。
「漢字が書けない」「計算ができない」「日本史の暗記問題ができない」とか、昔は困ることが合ったかもしれないが、今はスマホさえあればGoogle先生が直ぐに答えてくれるので何も問題がない。というか「できないから何なの?」レベル。
そんなgoogleに聞けばすぐ分かる能力を「みんなできるようになりましょう」と教育して、その結果を測って、いったい何の意味があるのかと思う。測りやすいから測ってるんじゃないの?っていう。

それよりももっと人間っぽい・人間臭い部分の能力が意外と必要だったりすると思う。
上にもあるクリエイティビティーや熱意もそうだけど、人当たりの良さとか、気遣いとか。

基礎的な理論や考え方を教育して理解させる、ということは当然に大事だと考えるけれども、「ひらめき」や「クリエイティブ」な部分、そしてもっと人間臭い「優しさ」っていうようなものを娘に教えるのが親の役目かなと思った。


「つめこまれてきたね 意味のないガラクタだけ」 - TOO MUCH PAIN

別の記事はいかがですか? 同じ...

Day 06月20日
Month 2017年06月
Category ブログ(雑記)
Tag 感想 子ども 2017年 

"人工知能(AI)が発達しても人.." のご意見・ご感想

ひとことお願いします

全て必須項目です。



(*)
なりすまし防止のため、コメント時には同じトリップの入力をお願いします。
@ek-pro.com の前に記入ください。@ek-pro.comを削除するとエラーになります。
投稿後は非表示、管理者のみ確認が可能です。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180109718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック