wii のコントローラーを修理する用のY字ドライバー

2017年05月05日
パソコンのゲームコントローラーとして使っているWiiクラシックコントローラー(普通のクラコンと、PRO)の調子が悪くなった。
故障したというほどでは無いが、以下のような症状が出ていた。
・普通のクラコンは、右スティックが下に倒せない
・クラコン PRO は、aボタンの反応が悪い

完全に壊れているわけではないので、中を開けて修理しようと思ったが、ネジが特殊ネジで普通のプラスとかマイナスドライバーでは開けられない。
調べてみると「Y字ドライバー」が必要らしい。


で、Amazonで買おうかと思ったが、直径(φ、Φ)が合わずに使えない、という自体が嫌だったので、近くのホームセンターにクラコンを持っていき、ぴったり合うものを買った。
買ったのは「サンフラッグ 特殊精密ドライバー Y型 No.17−C」。500円ほどだったが、Amazonではもう少し安く買える。


で、そのY字ドライバーを使ってWiiの普通のクラコンを開けたらこんな感じ。
image1.JPGimage2.JPG

修理と言うか、中にゴミが詰まっていただけなので、掃除だった。
中を開けて掃除することは非常に簡単。外したネジさえ無くさなければ、元通りにすることはプラモデルを作るよりも簡単にできる。
この点、任天堂はよく考えてるな、と思った。コントローラーを組み立てるときに間違えないようにする工夫が感じられた。

ボタンの側面とかまるっと掃除できるので、きれい好きの方にも1本おすすめ。
コントローラー買うより安いし。
タグ:任天堂 2017年
web拍手 by FC2

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179654523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック